ColoFra Herb Garden

小さなアトリエと、ハーブガーデン

紫蘇ジュース



今年も紫蘇ジュースを作りました。

さっぱりしているので暑い日にも飲みやすいし、紫蘇ジュースには様々な効能もあります。

ポリフェノールの一種である「ロズマリン酸」は、花粉症などの抗アレルギーのほかに、糖と脂肪の消化・吸収を抑え、にきびや過剰な皮脂を抑えるそうです。

「α-リノレン酸」は体内で合成することができない必須栄養素で、EPAやDHAに変換される素晴らしい成分です。
私はいつも、しそ油を買って冷蔵庫に常備しています。

また「ルテオリン」という栄養素にも、抗アレルギーや抗炎症効果があるといわれているそうです。



では、作り方です。
紫蘇をきれいに洗います。

私は赤紫蘇だけでなく、さらに香りがよくなる青紫蘇も入れますが、赤紫蘇だけでもOKです。





クエン酸を用意しておきます。





お湯を沸騰させたら紫蘇を入れ、再び沸騰したら弱火で10分煮ます。





赤紫蘇の葉もすっかり緑色になりました。
火をとめて漉し、しっかり絞ります。

絞った後の紫蘇は、きざんで佃煮にしたり、乾燥させてゆかりを作ることができます。





砂糖を入れた鍋に煮汁を戻します。

このまま中火にかけ、砂糖を溶かしながら再び沸騰するまでしっかりアクを取り除き、火を止める。
最後にクエン酸を入れて混たら完成です。



植物の力を活かした石鹸 − 手作り石けんと暮らしの雑貨 ColoFra カラフレ
photo by soleil -
紫蘇ジュース レシピ

◆材料
赤紫蘇と青紫蘇     300〜400g(青紫蘇を入れる場合は6割位まででお好きな分量を)
クエン酸(あるいは酢) 25g(500cc)
砂糖            1kg
水             2L

できあがったら保存容器に移して、冷蔵庫か冷暗所で保存して下さい。

紫蘇ジュースは、水やソーダに5倍程度に割って飲んだり、ヨーグルトにかけていただきます。
牛乳と割っても美味しいですよ。
お酒なら、ジンやウォッカに割って。
紫蘇ジュースを最後にグラスの端からゆっくり入れると、1枚目の画像のように2層に別れてきれいです。
<< 肉球クリーム | main |

このページの先頭へ